FEATURE2

申請シートへのデータ引用

新規ドキュメント作成時などに任意のデータを任意のセルに設定することができます。

申請シートへのデータ引用イメージ

シートチャージ機能

Excelシートについては、新規ドキュメント作成時などにCSVファイルやDBのデータを指定のシートに引用(充填)、あるいは任意のデータを任意のセルに設定することができます。これを「シートチャージ」機能とよびます。シートチャージ機能として次の3つのスタイルがあり、ドキュメントのテンプレート別に適合するスタイルを選択することができます。

シートチャージ

シートチャージのイメージ

シートチャージは、サーバー上のCSVデータ、あるいはDBの固定的な検索結果を指定のシートに引用(充填)します。 各シートに充填されたデータは、メインとなるシートから「データ入力規則」のリストデータや、「VLOOKUP関数」などの元データとして利用することができます。

チャージ(充填)するデータのタイプ

シートに充填するデータは、テンプレートごとに下記のタイプを選択することができます。

データのタイプ 概要 備考
CSVファイル 指定されたCSVファイルをすべて指定のシートに充填します。 CSVファイル情報と、対応するシート情報を設定します。
DBの結果データ 指定されたデータベースのSQLによる結果データを指定のシートに充填します。 接続するデータベース、SQL情報と、対応するシート情報を設定します。

チャージデータの引用方式

Excelにおけるチャージデータの利用方法(引用方式)について概略します。

データ引用方式 実用範囲 備考
データ入力規則によるリスト選択 100件程度 比較的小規模のリストデータに有効と考えられます。
VLOOKUP関数によるキー入力 1,000件程度 中規模のリストデータに有効と考えられます。

カスタムチャージ

カスタムチャージのイメージ

カスタムチャージは任意のデータからデータを検索し、その結果をExcelシートへ任意に設定することができます(カスタムチャージはサーバー上に配置され動作します)。 固定的なデータ設定だけでなく、シート内のセルデータをパラメータとしてカスタムな設定も可能です。

カスタムチャージ(シートパラメータなし)のサンプルイメージ
カスタムチャージのイメージ
カスタムチャージ(シートパラメータなし)により設定されたExcelシート(勤務表)のサンプル イメージです。
カスタムチャージ(シートパラメータ対応)のサンプルイメージ
カスタムチャージのイメージ
カスタムチャージ(シートパラメータなし)により設定されたExcelシート(勤務表)のサンプル イメージです。

ダイナミックチャージ

ダイナミックチャージは、任意に開発した「カスタムダイアログ」を使ってデータを任意のセルに設定する仕掛けです。ワークフローEXはこのカスタムダイアログをクライアントにダウンロードし、その結果データをアップロードします。

次の3つの方式をサポートします。

ダイナミックチャージのタイプ 備考
ダイナミック・シートチャージ ドキュメントの下書き作成時に表示される「カスタムダイアログ」を使って検索されたデータを任意のセルに設定します。
ダイナミック・カスタムチャージ ダイナミック・シートチャージ同様、ドキュメントの下書き作成時に「カスタムダイアログ」が表示され、その結果データはワークフローEXを通してカスタムチャージに受け渡されますが、結果データをパラメータにカスタムチャージを利用することができます。
ダイナミック・クライアントチャージ ドキュメントが表示されると一緒に表示される「カスタムダイアログ」を使って任意のデータを任意のセルに設定します。

ダイナミック・シートチャージ

ダイナミック・シートチャージのイメージ

ダイナミック・シートチャージは、ドキュメントの下書き作成時に表示される「カスタムダイアログ」を使って検索されたデータを任意のセルに設定します。カスタムダイアログによる検索データはワークフローEXを通してダイナミック・シートチャージに受け渡されます。

カスタムダイアログ
カスタムダイアログのイメージ
カスタムダイアログの検索データが設定されたExcelシート
カスタムダイアログの検索データが設定されたExcelシートのイメージ

ダイナミック・カスタムチャージ

ダイナミック・カスタムチャージのイメージ

ダイナミック・カスタムチャージもダイナミック・シートチャージ同様、ドキュメントの下書き作成時に「カスタムダイアログ」が表示され、その結果データはワークフローEXを通してカスタムチャージに受け渡されますが、結果データをパラメータにカスタムチャージを利用することができます。 カスタムダイアログは下書きとなるExcelシートに設定するデータのパラメータの入力を目的に任意に作成できます。

ダイナミック・クライアントチャージ

ダイナミック・クライアントチャージのイメージ

ダイナミック・クライアントチャージは、ドキュメントが表示されると一緒に表示される「カスタムダイアログ」を使って任意のデータを任意のセルに設定します。 カスタムダイアログからExcelのセルへのデータ設定処理は専用のライブラリにより開発をサポートします。

カスタムダイアログのサンプルイメージ

カスタムダイアログのサンプルイメージ

カスタムダイアログから任意のデータを下書きのExcelシートに何度でも設定することができます。

これはそのカスタムダイアログと選択データが設定されたExcelシートのサンプルイメージです。(カスタム・シートチャージと同様のサンプルですが、カスタムダイアログのボタンは「OK」から「設定」、「閉じる」になっています。)

Excel VBAチャージ

Excel VBAチャージのイメージ

Excelの機能拡張用マクロ言語であるVBA(Visual Basic for Applications)を利用してデータをExcelシートへ任意に設定することができます。 この手法はワークフローEXとは独立したものになるため、ワークフローEXからはマクロを持つExcelシートを回付するだけで通常の回付処理と変わりませんが、利用するケースによっては強力なソリューションとなります。

FEATUREWorkflowEXの特徴

お問い合わせはこちらから

ワークフローEXに関する資料の請求、デモの依頼、お見積り等、お気軽にお問い合わせください

トップへ戻る