営業・サポート日記

意思決定の正当性を立証したい

2019年6月某日

クチナシの花が香る季節となりましたね。


さて、本日は中期目標管理法人のお客様へお伺いしました。
現在は紙でやりとりをされていらっしゃり、
年に約10,000件の発議があることから進捗の管理及び
紙媒体の保管等に頭を悩ませているとのこと。

また、意思決定の正当性の立証や、規程に基づいた権限者による
決裁が行われていることの証跡を残されたいとのこと。

これらの課題は、ワークフローEXの下記機能により解決できます。

<課題>                     <解決策>
・進捗管理………………………………………申請書も承認者も常に進捗を確認可能
・紙媒体の保管…………………………………システム化により各担当者による文書の印刷が不要
・意思決定の正当性……………………………承認履歴画面にて決裁までの回付状況を確認可能
・規程に基づいた決裁であるかの確認………文書と紐づいた規程のルートによる回付


香りの強い花をつける3つの樹木のことを三大香木と呼び、
春の沈丁花、秋の金木犀と並んで、クチナシは夏の代表を飾ります。(S.K.)

お問い合わせはこちらから

ワークフローEXに関する資料の請求、デモの依頼、お見積り等、お気軽にお問い合わせください

トップへ戻る