営業日記

工場の生産記録表(Excelファイル)をそのまま運用したい

2020年10月某日

だんだんと秋らしい季節になってきましたね。
今年も各国でコーヒーの品評会(COE)が開催され、
上位のお豆をオークションで競り落としたお店の情報がでてきました。
恵比寿では猿田彦珈琲さんで楽しめます。流石に少々お高いです。


さて、本日は食品系工場のお客様へWebにてデモを行わせていただきました。
現在はマクロ付のExcelファイルで生産記録表を運用しており、
記入後は印刷して紙で回付しているご運用とのことでした。
今回、そのExcelファイルを利用して電子化したいとのことでお声掛けいただきました。

ワークフローEXではマクロ機能も含めたExcelファイルをそのまま回すことも可能な上に、
Excel内のデータをCSV出力することで集計も可能であることをご案内したところ、
大変ご好評いただけました。

実際に今回のケースはワークフローEXとの相性がとても良い案件であったこともあり、
早々に導入をお決めいただくことができました。
同様のご運用をされているお客様がいらっしゃいまいしたら、ぜひお問合わせください。


どこでCOEのコーヒーが飲めるのかを調べると時間がかかり大変なので、
その情報をGoogleマップで共有するサービスが出ないかと思ってしまいます。(Tipica)

お問い合わせはこちらから

ワークフローEXに関する資料の請求、デモの依頼、お見積り等、お気軽にお問い合わせください

トップへ戻る