ワークフロー管理とは? システム化することで 得られるメリットとはイメージ

ABOUT WORK FLOW 3-1

ワークフロー管理とは? システム化することで 得られるメリットとは

業務の円滑化を図るためには欠かせないワークフローですが、業務効率の生産性を高めるためにはワークフローの管理が重要となります。
ワークフロー管理では、システム上で業務進捗やドキュメントなどの管理を行い、業務状況等の把握を行います。

しかし、これらのワークフロー管理は紙ベースで行なうと業務が煩雑になってしまうため、ワークフローのシステム化が注目され始めています。

本記事では、ワークフロー管理をシステム化することで得られるメリットについて詳しく解説していきます。

目次

ABOUT WORK FLOW 3-1-1

ワークフロー管理とは

ワークフロー管理とはイメージ

ワークフロー管理について言及する前に、そもそもワークフローとは何かを理解しておく必要があります。
ワークフローとは、Work(仕事)とFlow(流れ)を組み合わせた言葉で、業務についての一連の流れのことを指します。

ワークフローについてはこちらの記事で解説しています。

【ワークフローの意味と基礎知識】
https://www.workflow-ex.jp/documents/workflow

一方でワークフロー管理は、このようなワークフローにおける業務手続きなどをシステムで実行・管理することを指し、仕事や情報、ドキュメント管理の流れをシステム化する手法です。

ワークフローシステムには、ワークフロー管理に適したシステムがあるため、業務効率化の実現を図るためには管理のしやすさも意識したシステムを選ぶことが大切です。

ABOUT WORK FLOW 3-1-2

ワークフロー管理をシステム化するメリット

紙ベースでのワークフローは、管理が難しく煩雑になることもありました。しかし、ワークフローをシステム化をすることにより、企業にとってさまざまなメリットをもたらします。

ここでは、次の業務におけるワークフロー管理をシステム化するメリットについてそれぞれ解説していきます。

経理関連業務

経理関連業務イメージ

経理関連業務の例として挙げられるのは、物品購入や出張交通費などです。
紙での申請の場合、経費精算の際に指定の文書に領収書の貼り付けを行い、金額を計算して記入し、上長承認を経て経理担当に提出をするなどと作業が多くなりがちです。

また、お金に関わることであるため、より一層ワークフロー管理が必須といえます。
経理関連業務の申請業務をシステム化することで、Web上での申請に加え金額の計算もシステム上で行えるため、人的ミスを防ぐことができます。

人事・労務関連業務

人事・労務関連業務イメージ

人事・労務関係業務の例として挙げられるのが、人事評価や休暇取得許可などです。
ワークフローがはっきりしないまま、人事・労務関連の申請を個別に受け付けてしまうと、申請方法が社員ごとにバラバラになり、承認作業が非効率的になります。

そのため、誰がいつ何を申請したのかをしっかりと把握するためにも、ワークフロー管理が重要となります。システム化を行なうことで、システム上で申請が完結したり、各社員の勤怠情報などを一元管理することができるようになります。

販売関連業務

販売関連業務イメージ

販売関連業務の例としてあげられるのが、取引先への見積書や売上報告などです。販売管理における一連の流れも、企業の売上を管理するためにはワークフローの管理が重要となります。

販売関連業務にシステムを使うことで、申請状況が可視化され、停滞している申請がないかをリアルタイムで確認できる上に、決裁や承認までのスピードを早められるというメリットがあります。

また、見積書や請求書などを手書きやExcelなどで作成すると、時間や手間がかかり記載ミスが発生する場合もありますが、システムを利用すれば自動入力したり、過去の見積書を再利用したりして作成の手間を減らすことができます。

稟議関連業務

稟議関連業務イメージ

さまざまな事柄に対して承認を得るための稟議は、決裁と似たような意味でも使われますが、決裁は承認者が一人であるのに対し、稟議は承認者が複数人となることが多くあります。

そのため、紙による稟議を行う場合は、稟議の度に稟議書や添付資料を印刷する必要があり、印刷コストがかかる上に紛失のリスクも高くなります。

一方で、システム化をすることでペーパーレス化につながる上に、承認進捗の把握が可能となり承認までのスピードを向上させることができます。

このように、あらゆる業務においてワークフロー管理をシステム化することで、業務効率化を実現できるだけでなく、コスト削減にも繋がるのです。

ABOUT WORK FLOW 3-1-3

ワークフロー管理とは

ワークフロー管理とはイメージ

契約書などの書類は、より一層管理が重要となります。

契約書管理業務は、作成、審査、締結、保管、更新といったように多岐にわたりますが、システム化をすることで、効率よく確実に管理を行うことができるようになります。

契約書のワークフローに合わせた適切な承認経路の設定や、承認状況の可視化、変更履歴の閲覧など、契約書管理に必要な業務をオンライン上で簡単に行うことができます。

また、これらの情報はすべてクラウド上に一元管理することができるため、必要な時にすぐに検索し閲覧することができるため、管理上のメリットはさまざま挙げられます。

このように、契約書の管理をシステム化することで、担当者に依存しやすい業務も管理することができるようになるのです。

ABOUT WORK FLOW 3-1-4

ワークフローのクラウドシステム

ワークフローのクラウドシステムイメージ

ワークフローシステムにはクラウド型とオンプレミス型が存在します。クラウド型とは、サーバーをインターネット上の仮想空間で保有し、インターネット上の仮想空間でシステム構築を行います。

一方で、オンプレミス型は自社内にサーバーを設置し、システムを自社で構築します。オンプレミス型の場合は、自由に機能をカスタマイズできたり自社内でネットワーク環境を閉鎖できるため、セキュリティに強いというメリットがあります。

クラウド型の場合は、初期導入使用やランニングコストなどが比較的安く低コストで導入できる上に、障害や災害時などはクラウド事業者が復旧作業を行なうためリスクが低いというメリットがあります。

ワークフローEXは、自社内に専用サーバーを設置できない、またはシステム管理担当者がいないためサーバーのメンテナンスが出来ないという中小企業を対象としたサービスです。

クラウドサービスをご利用いただくことで、サーバーの管理やメンテナンスに気を配ることなく、手軽にワークフロー管理のシステム化を行なうことができるようになります。

システム化を行なう際には、自社の業務や課題に合った機能を備えたシステムを選択することが重要です。

ワークフローシステムの相談はこちら
https://www.workflow-ex.jp/cloud

お問合せ・お見積りはこちらから

ワークフローEXに関する資料の請求、デモの依頼、お見積り等、お気軽にお問い合わせください

トップへ戻る