ワークフローEXの説明画像

慣れ親しんだ処理はそのままに、
さらに使いやすいワークフローシステムを構築できます。

ワークフローEXは、Excelで作成した稟議文書をそのままワークフローにのせることができる、
画期的なワークフローパッケージです。

いくら『紙』での稟議文書のやりとりが非効率的だとはいっても、これまで慣れ親しんできた処理
を変更するには、教育にも時間がかかります。

ワークフローEXなら、今お使いの稟議文書の元となるExcelファイルをそのまま使って電子捺印
によって申請・承認でき、これまでの『紙』での決裁フローを簡単にペーパーレス化(電子化)する
ことができます。

WORKFLOW TASK1

ワークフローシステムの文書管理における課題

文書管理における課題

紙だと時間が掛かる…。
電子だとワンクリック!!

  • 1

    拠点の行き来で決裁に時間がかかるWeb ページからワンクリックで、次の承認者に書類が回ります。

  • 2

    会社で申請や承認をしなければならない出先からでも申請・承認が可能です。

  • 3

    申請・承認の進歩状況が分からない申請・承認の状況が一目で確認できます。

  • 4

    文書の保管と検索が大変電子で保管し、期間やキーワードで見たい書類を検索できます。

  • 5

    文書を回覧したい承認のない回覧も可能です

  • 6

    文書を所属部署で閲覧可能にしたい権限を設定すれば閲覧も可能です。

WORKFLOW TASK2

ワークフローシステム導入における課題

  • 1

    内容によって動的に分岐できるか記入された値で分岐することができます。

  • 2

    文書番号の採番機能はあるか申請時と決裁時に自動で採番することができます。採番方法も任意で設定可能です。

  • 3

    捺印機能はあるか申請・承認時に自動で押印することができます。捺印のデザインも選択可能です。

  • 4

    添付やコメントの記入はできるかファイルの添付、コメントの記入も可能です。改ざんを防止することができます。

  • 5

    改ざん防止機能はあるか申請~承認~決裁までの履歴も残しています。

  • 6

    不備があった場合、申請者に戻したいワンクリックで差し戻し可能です。

導入における課題

自動入力で時間短縮!
ストレス軽減!!

WORKFLOW TASK3

ワークフローシステム運用における課題

運用における課題

画期的なコンセプトと実力を兼ね備えた
ワークフローEXなら可能です!!

  • 1

    業務システムとの連携は可能かオンプレミス版であればご提案可能です。クラウド版についてもご相談ください。

  • 2

    提出した申請書の再利用は可能か既存の申請書を引用し、再利用することができます。

  • 3

    特定の項目のみ編集させたい承認段階ごとに、編集できる範囲を制御することができます。

  • 4

    作成時、マスタデータの引用は可能かいくつでも兼務が可能です。

  • 5

    特定の項目のみ編集させたい申請者名や部署名、役職名などの引用が可能です。

  • 6

    内容を項目だけ一覧で確認したい文書の内容を項目で確認できます。 CSVで出力も可能です。

FEATUREWorkflowEXの特徴

ワークフローEXの特徴をご紹介いたします。

マイクロソフトイノベーションアワードMicrosoft INNOVATION AWARD2007

コマーシャル部門で優秀賞受賞

マイクロソフトパートナー

受託ソフトウェアの開発にも
対応させていただいております。


お問い合わせはこちらから

ワークフローEXに関する資料の請求、デモの依頼、お見積り等、お気軽にお問い合わせください

トップへ戻る