FUNCTION

WorkflowEX機能

WorkflowEX機能ページイメージ

FUNCTION 16

ドキュメントの採番

ワークフローEXはそれぞれのドキュメント(申請書、稟議書)にユニークなIDを採番することができます。

申請IDと決裁ID

ワークフローEXにおいてユニークなIDには、申請時に採番される「申請ID」と決裁時に採番される「決裁ID」の2つがあります。

採番の単位と形式

採番の単位項目には「テンプレート」と「部署」があり、テンプレート単位、部署単位、あるいは(テンプレート×部署単位)に連番号を付与することができます。また、テンプレートの代わりに「テンプレート・カテゴリ」を単位項目とすることもできます。

部署における対象部署は、申請IDの場合は申請者の部署、決裁IDの場合は最終承認者の部署となります
(決裁IDを申請者の部署に調整することもできます)。

採番文字列は任意の先行文字列と任意の桁数の連番号で構成されます。また、順番号のリセット情報も設定可能です。

IDのコンテンツファイルへの自動設定

申請IDと決裁IDは、コンテンツファイル(文書ファイル)へ自動設定することができます。
(文書ファイルがExcelファイルの場合に有効です)

IDのコンテンツファイルへの自動設定イメージ

※テンプレートとドキュメントについて

ワークフローの経路情報(パス)とそれに載せる稟議書類の組み合わせを定義したものを「テンプレート」と呼びます。
利用者はテンプレートからワークフロー・ドキュメントを作成し、申請します。

テンプレートとドキュメントについてイメージ

FUNCTION機能一覧

機能一覧FUNCTION

データ管理・連携機能

  • ドキュメントファイルのフォルダ出力
  • CSVファイル出力
  • マスタデータの引用

システム関連機能

  • 通信データの暗号化
  • 保存データの暗号化
  • 管理データのアクセス権限
  • 操作ログ
  • 操作言語の多言語対応
  • 組織変更(人事異動)対応
  • ワークフロー設定

オプションOPTION

ワークフロー関連オプション

  • メール申請
  • メール承認

データ管理・連携オプション

FEATUREWorkflowEXの特徴

お問い合わせはこちらから

ワークフローEXに関する資料の請求、デモの依頼、お見積り等、お気軽にお問い合わせください

トップへ戻る